増えているお墓の種類
2016.10.26

コラム画像04
人が利用するサービスでは、公的に提供されるものもあれば、民間企業などが提供してくれるものもあります。お墓の種類としては、まずは公的機関が提供してくれるところがあります。都道府県、市区町村などが管理、運営を行っています。こちらを利用するメリットとしては、永続性があることです。民間団体の場合、その団体が存続できなくなると、誰が管理をするのか、その土地はどうなるかなどの問題が出てくるかもしれません。公的機関の場合、市区町村などが合併したとしても存続されていくので問題は少なくなります。公的機関が運営しているので、永代使用料や管理費はそれほど高くなりません。一度使うようになればそれ以降使い続けることもありますから、どれくらい費用が掛かるかは重要になります。人気があるだけに、必ずしも利用できるわけではありません。

各家庭にはそれぞれ宗派があるかもしれません。自分自身の信仰は自由です。ただ無宗教の人も多く、その場合は家庭の宗派を引き継ぐことになるでしょう。仏教だけでも多くの宗派がありますし、その他の宗教でも宗派があります。お墓の種類として、民間団体が運営しているところがあります。タイプは様々で、宗教法人であったり財団法人、社団法人などが運営している場合があります。こちらに多いのは、宗派を問わず利用できる点です。お寺などであれば宗派がありますから、基本的にはその宗派の人しか利用することができません。せっかく近くて空いているのに、利用できないのはもったいないと感じるでしょう。こちらであれば、空いていれば利用が可能です。区画の広さなども自由に選ぶことができます。余裕があるなら、広いところに大きく作りたい、通常とは異なるデザインのものを作りたいなどの要望を聞き入れてもらいやすいです。

家庭の行事として法事があります。この時には僧侶に来てもらったり、僧侶の寺院に行って法要を行うことがあります。法事のたびに僧侶を変えたりお寺を変えたりすることはなく、各家庭でお寺が決まっています。これは檀家制度といわれています。檀家になるには、一定のお布施などを払う必要がありますが、その分法事があったときに優先的に行ってもらえます。お墓の種類では、お寺が運営する場所を利用することがあります。境内や隣接する土地にあります。利用できるのは檀家のみです。継承者がいなくなったとしても、永代供養してもらえるので、安心です。お寺の雰囲気などがあるために、墓石などは自由に選べない場合が多いです。

▲ ページトップへ