霊園探しのポイント
2016.10.26

コラム画像03
家族が亡くなり、葬儀を終えた後には納骨を行うことになります。その際に、先祖代々のお墓がある場合にはそのお墓に納骨します。しかし、まだお墓を持っていないという人も最近は多くいます。その場合には、まずお墓を建てる場所である墓地を購入することになります。墓地は霊園とも呼ばれます。どこが経営管理をするかにより種類が分かれます。まず市町村など自治体が経営する公営墓地、宗教法人や財団法人が経営する民営墓地、寺院が檀家に使用の許可そしている寺院境内墓地の3種類です。新しく墓地を購入するときには、それぞれの特徴を知ったうえで選択することが望まれます。

霊園探しでおさえておくべきポイントは、費用、交通の便も含めた霊園のある場所だといえます。それぞれの家庭によって事情も異なりますし、予算の都合もあるでしょう。無理のない範囲でできる費用を念頭に置いて探す必要があります。また、お墓は建てて終わりではなく、それからもずっとお墓参りに通う場所になります。そのため、自宅から遠い、交通の便が良くないなどなかなか行くことができないような場所にあると、結局はだんだんと足が遠のいてしまうかもしれません。いくら近くても交通の便が良くないのも出かけることが億劫になりがちです。そのため、自宅から近くて、交通の便も良いとことを選ぶことは重要です。このポイントを押さえて探すためには、それぞれの墓地の持つ特徴をおさえる必要もあります。公営墓地は自治体の経営のため、経理体制はしっかりしているといえます。また使用料、管理料も比較的安いようです。また、交通の便も良いところが多いようです。民営墓地は宗教宗派を問いません。その点では、檀家にならないとお墓が建てられない寺院墓地よりも利用しやすくなっています。一般的に使用する場所の面積も広く、きれいなところが多いといわれています。

墓地の種類や、費用、場所などの条件がすべて理想通りに満たされるということはまずないかもしれません。それぞれの事情に応じてどこに重点を置くかも異なるでしょう。ですから、条件を確認した際には、それぞれに優先順位をつけておくと良いかもしれません。そして、自分が最も大切だとするポイントからチェックしていくことが、霊園探しには大切です。墓地の購入、お墓の建立は人生の中で、何回もする買い物ではありません。後悔することがないように、たとえここは失敗だったという点があったとしても、総合的にみて良かったということになるように、いろいろなことをきちんと確認して、冷静に選ぶことが大切です。

▲ ページトップへ