失敗したくない霊園の選び方
2016.10.26

コラム画像01
とにかく、葬儀の際にトラブルが起きやすいのは霊園の件でしょう。例えば、宗派の違う施設では埋葬することはできません。というか、宗教は沢山あります。それぞれ、埋葬や墓自体、違いがあるからです。確かに最近では宗教を問わない施設が増えています。それにできることなら失敗したくない選び方をしたくないはずです。そのために何が必要でしょう。それは施設への情報です。施設は沢山存在しています。でも、そこが故人にあった埋葬地なのかはしっかり、施設の詳細を確認しておかなくてはいけません。

それに人が亡くなると何かと面倒な手続きが必要になります。それに葬儀を執り行わなくてはいけません。その際に必要なのが式場です。さらに大抵の場合、火葬にするでしょう。式場に火葬場、さらに宗教施設などが揃っているなら非常に助かります。さらに言えば葬儀は時間とお金がかかるモノです。葬儀に必要な施設が揃っている霊園なら移動に必要な時間も短縮できます。つまり、移動するためにお金をかけずにすみます。さらに故人を供養するために大切なことを考えてみてください。それは静かな環境です。街中は生活をするのは便利です。しかし、街中は故人にとって騒がしいかもしれません。なので、霊園などは郊外に存在しています。ただ、出来るなら交通アクセスがいいところが理想的です。それは、故人に会いに遺族が行きやすいからです。

さらに遺族か故人に会いに行きやすく、なおかつ、憩いの場所であることが条件にあげられます。ただ、条件にあった施設を生前のうちに探すことが大切になってきています。それは亡くなった際に遺族に負担をかけずにすむからです。最近では施設の方も無料で見学会を開くところが増えています。見学会に参加して施設の情報を確認しておきましょう。ちなみに見学会では無料バスが出るので現地に行きやすいです。しかし、施設を選んだら交通手段を確認し、施設側が出したバスを使わなくても実際に行けるか確認しておくべきです。とにかく、早目に選んでおくことは大切です。でも、焦って選び方を間違えないでください。というのも、焦ると施設選びに失敗してしまう可能性もあるからです。大体、誰もが失敗したくないと考えているはずです。その為に何をポイントに選ぶのをじっくりと考えるのも非常に大切なことです。とにかく、一人で悩むよりまずは選んだ施設に相談するべきです。相談は大抵の施設の場合、いつでも受け付けているはずです。

▲ ページトップへ